からくさホテルグランデ新大阪タワー

 「からくさホテルグランデ新大阪タワー」は新大阪駅近くの24階建てのホテルです。佐川急便を中核とするSGホールディングスのグループのSGリアルティが建築主で、ホテル運営者はザイマックスグループが行います。
 このホテルは設計・施工が清水建設で次世代建築生産システム「Shimz Smart Site(シミズ・スマート・サイト)」が初適用され、資材搬送、鉄骨柱溶接、天井ボード貼りなどの作業の一部に作業員とコラボしながら自律的に稼働する建設ロボットを導入して建設しています。

外観写真

からくさホテルグランデ新大阪タワー

2018年11月24日撮影

物件概要

名称 からくさホテルグランデ新大阪タワー
計画名 (仮称)SGリアルティ新大阪ホテル計画
住所 大阪府大阪市淀川区宮原3丁目
最寄駅 新大阪
主要用途 ホテル
総客室数 396部屋
階数 地上24階・塔屋1階・地下1階
高さ 97m
敷地面積 2,080㎡
建築面積 1,110㎡
延床面積 18,450㎡
構造 鉄骨造
建築主 SGリアルティ
設計者 清水建設
施工者 清水建設
着工年月 2017年06月20日(平成29年06月20日)
竣工年月 2019年08月31日(令和元年08月31日)予定

地図

[周辺の超高層ビルを表示する]…地図検索に移動します。
[GooleMapで表示する]…正しく表示されていない場合はこちらで確認してください。