ホテルロイヤルクラシック大阪

 「ホテルロイヤルクラシック大阪」は新歌舞伎座跡地に建つ19階建てのホテルです。設計は隈研吾氏で低層部は新歌舞伎座のファサードと屋根の一部を継承したデザインとなっています。10階までと19階はブライダル関連の施設、そして11階~18階が客室というウエディングホテルとなっています。

外観写真

ホテルロイヤルクラシック大阪

2018年11月24日撮影

物件概要

名称 ホテルロイヤルクラシック大阪
計画名 (仮称)ベルコ難波ホテル 新築工事
住所 大阪府大阪市中央区難波4丁目3-25
最寄駅 なんば、難波、大阪難波
主要用途 ホテル(宴会場・レストラン・ラウンジ・客室・駐車場)、店舗
総客室数 150部屋
階数 地上19階・塔屋1階・地下1階
高さ 84.025m
敷地面積 2,293㎡
建築面積 1,893㎡
延床面積 26,494㎡
構造 S・RC・SRC造
建築主 ベルコ
設計者 隈研吾建築都市設計事務所、鹿島建設
施工者 鹿島建設
着工年月 2016年06月01日(平成28年06月01日)
竣工年月 2019年07月15日(平成31年07月15日)予定
開業日 2019年12月(平成31年12月)予定

地図

[周辺の超高層ビルを表示する]…地図検索に移動します。
[GooleMapで表示する]…正しく表示されていない場合はこちらで確認してください。