中野二丁目地区第一種市街地再開発事業施設建築物 A棟

 「中野二丁目地区第一種市街地再開発事業施設建築物 A棟」は中野駅前に建設される住友不動産による地上37階、高さ146.84mの賃貸のタワーマンションです。総戸数は397戸(賃貸395戸)で中野駅周辺では最も高い建物となります。
 建設地の北側には地上20階、高さ115.83mのオフィス棟も建設されます。

外観写真

中野二丁目地区第一種市街地再開発事業施設建築物 A棟

2020年10月24日撮影

物件概要

名称 中野二丁目地区第一種市街地再開発事業施設建築物 A棟
住所 東京都中野区中野二丁目
最寄駅 中野
主要用途 住宅、店舗
総戸数 397戸(賃貸395戸)
階数 地上37階・地下2階
高さ 146.84m
敷地面積 4,405㎡
建築面積 3,465㎡
延床面積 49,344㎡
構造 RC造一部S造
建築主 中野二丁目地区市街地再開発組合(参加組合員:住友不動産)
設計者 アール・アイ・エー
施工者 西松建設
着工年月 2020年03月26日(令和2年03月26日)
竣工年月 2024年02月29日(令和6年02月29日)予定

地図

[周辺の超高層ビルを表示する]…地図検索に移動します。
[GooleMapで表示する]…正しく表示されていない場合はこちらで確認してください。

その他の写真

中野二丁目地区第一種市街地再開発事業施設建築物 A棟2019年09月07日撮影