渋谷駅地区駅街区開発計画 東棟

 「渋谷駅地区駅街区開発計画 東棟」は渋谷駅と渋谷ヒカリエの間に建設される地上46階建ての商業施設とオフィスフロアからなる複合ビルで、渋谷駅地区では最も高い超高層ビルとなります。東棟は渋谷駅街区ではⅠ期となります。Ⅱ期として中央棟、西棟があり全体竣工は2027年度の予定となっています。

外観写真

渋谷駅地区駅街区開発計画 東棟

2015年03月29日撮影

物件概要

名称 渋谷駅地区駅街区開発計画 東棟
住所 東京都渋谷区渋谷2丁目
最寄駅 渋谷
主要用途 物販店舗、飲食店舗、事務所、駅施設、駐車場等
階数 地上46階・地下7階
高さ 228.3m
敷地面積 15,276㎡
建築面積 18,192㎡
延床面積 174,000㎡
構造 鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造
建築主 東京急行電鉄、東日本旅客鉄道、東京地下鉄
設計者 渋谷駅周辺整備共同企業体(日建設計、東急設計コンサルタント、ジェイアール東日本設計事務所、メトロ開発)、デザインアーキテクト:日建設計、隈研吾建築都市設計事務所、SANAA事務所
施工者 渋谷駅街区東棟新築工事共同企業体(東急建設、大成建設)
着工年月 2014年06月01日(平成26年06月01日)
竣工年月 2020年(平成32年)予定

地図

[周辺の超高層ビルを表示する]…地図検索に移動します。
[GooleMapで表示する]…正しく表示されていない場合はこちらで確認してください。

その他の写真

渋谷駅地区駅街区開発計画 東棟2015年02月11日撮影
渋谷駅地区駅街区開発計画 東棟2014年11月23日撮影
渋谷駅地区駅街区開発計画 東棟2014年08月02日撮影
渋谷駅地区駅街区開発計画 東棟2014年06月14日撮影
渋谷駅地区駅街区開発計画 東棟2014年04月12日撮影
渋谷駅地区駅街区開発計画 東棟2013年12月01日撮影
渋谷駅地区駅街区開発計画 東棟2012年08月09日撮影