神戸阪急ビル東館 建替計画

 「神戸阪急ビル東館 建替計画」は阪急神戸三宮駅の駅ビル「神戸阪急ビル東館」の建替えで29階建ての複合ビルとなります。低層部には「旧神戸阪急ビル東館」のデザインが継承されます。また、フロア構成は地下2階~3階が商業施設、4階~15階がオフィスフロア、17階~28階が阪急阪神ホテルズが展開する「remm(レム)」、そして最上階の29階には展望フロアとレストランが予定されています。

外観写真

神戸阪急ビル東館 建替計画

2018年11月23日撮影

物件概要

名称 神戸阪急ビル東館 建替計画
住所 兵庫県神戸市中央区加納町4丁目2
最寄駅 三ノ宮、三宮、神戸三宮、三宮・花時計前
主要用途 ホテル、オフィス、商業施設、駅施設等
階数 地上29階・地下3階
高さ 120m
敷地面積 7,100㎡
建築面積 5,650㎡
延床面積 28,850㎡
構造 鉄骨造(地下部:鉄骨鉄筋コンクリート造)
建築主 阪急電鉄
設計者 久米設計
施工者 大林組
着工年月 2017年07月03日(平成29年07月03日)
竣工年月 2021年(令和3年)予定

地図

[周辺の超高層ビルを表示する]…地図検索に移動します。
[GooleMapで表示する]…正しく表示されていない場合はこちらで確認してください。