虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 B-1街区

 「虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 B-1街区」は森ビルによって建設される地上64階、高さ262.81mの高さ日本一となるタワーマンションです。
 フロア構成は低層部の一部が事務所と保育所になりますがほとんどがサービスアパートメント、住宅フロアとなります。
 街区全体の名称は「虎ノ門麻布台ヒルズ」になることが予想されています。

外観写真

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 B-1街区

2019年03月17日撮影

物件概要

名称 虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 B-1街区
住所 東京都港区麻布台1丁目
最寄駅 六本木一丁目、神谷町
主要用途 共同住宅・事務所・店舗・保育所・駐車場等
階数 地上64階・地下5階
高さ 262.81m
敷地面積 9,648㎡
建築面積 6,311㎡
延床面積 185,228㎡
構造 鉄筋コンクリート造(一部鉄骨鉄筋コンクリート・鉄筋造)
建築主 虎ノ門・麻布台地区市街地再開発組合
設計者 森ビル
施工者 三井住友建設
着工年月 2019年10月10日(令和元年10月10日)
竣工年月 2023年03月31日(令和5年03月31日)予定

地図

[周辺の超高層ビルを表示する]…地図検索に移動します。
[GooleMapで表示する]…正しく表示されていない場合はこちらで確認してください。