虎ノ門駅前地区第一種市街地再開発事業

 「虎ノ門駅前地区第一種市街地再開発事業」は東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅直結となる24階建てのオフィスビルです。場所は外堀通りと桜田通りが交差する「虎ノ門交差点」の角地です。「虎ノ門」駅からは日比谷線新駅の「虎ノ門ヒルズ」駅まで地下通路を使って繋がります。

虎ノ門駅前地区第一種市街地再開発事業
2019年04月07日撮影

物件概要

名称
虎ノ門駅前地区第一種市街地再開発事業
住所
東京都港区虎ノ門1丁目
最寄駅
虎ノ門
主要用途
事務所、店舗、駐車場
階数
地上24階・地下3階
高さ
119.25m(最高部高さ119.65m)
敷地面積
2,782㎡
建築面積
2,003㎡
延床面積
47,274㎡
構造
地上:鉄骨造、制震構造 地下:鉄骨鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造・鉄筋コンクリート造)
建築主
虎ノ門駅前地区市街地再開発組合(参加組合員:野村不動産、東京地下鉄)
設計者
日本設計・三菱地所設計 設計共同企業体
施工者
竹中・西松共同企業体(代表 竹中工務店)
着工年月
2018年01月04日(平成30年01月04日)
竣工年月
2020年06月30日(令和2年06月30日)

地図

[周辺の超高層ビルを表示する]…地図検索に移動します。